リフレッシュ指圧センター  代官山院 03-3780-5553 

RSR出張講習会について

RSR出張講習会について

スイマーの皆さんは来年に向けて泳ぎ込みや合宿が増えてくる時期になりましたね。この冬場の泳ぎ込みは、来シーズンの良し悪しに非常に影響があります。辛い練習ですが、耐えに耐えしっかりとしたベース・土台を作っておけば、その上に積み上げるペース練習・スピード練習・調整と揺るぎないガッチリとした三角形ができると、必ずやベスト記録更新に繋がります。土台がでかければでかいほど、ピーク時を長く維持でき、長期の試合でタフなレースの時でも戦え、良い結果を出せる自分の『自信』になるはずです。

日本代表になる選手達は、本当に練習が強い。天才・才能だけで代表になっている選手は一人もいません。帯同している時に練習を見ていて、自分の現役時代の事を思い出して比較してみても、ここまで追い込んだ練習をしてなかったからレース前に不安になったり、良い結果が出なかったりしたんだなと思わせる程、練習を頑張っています。  また、『泳ぎ込み』土台のデカさ広さはイコール『精神的強さ』『自信』になり、『精神修行』練習も兼ねています。以前、有名COACHと学会後の飲み会での話で、『昔から日本にある柔道・剣道、柔の道、剣の道。この二つの競技は礼に始まり礼に終わる。『心・技・体』。身体を鍛え、技術を極めると共に精神も鍛えている。俺も技術だけを教え強くしているだけでなく、精神的・人間的にも鍛えているから「水泳道」だ!だからうちの選手は心身共に強い!』納得です。

そしてもうひとつCOACHが重要視しているのが『メンテナンス』です。泳ぎ込みをするのに必要なのは故障のない身体です。傷みや故障があっては泳ぎ込みや質の高い練習ができなくなりますので、補強トレーニング・ストレッチ・ケアを練習の一環として取り入れています。ですから、選手一人一人が自分の身体の状態をわかっています。痛みの強い時には鍼治療、筋疲労の時には指圧・マッサージと、身体の状態や練習の強度でケアの受け方も変えています。ですが、トレーナーの先生に頼りきりにならず、日々自分でできるストレッチやセルフケアを時間をかけ入念に行っているのが強さの秘訣だと思います。

ケアは環境によって受けやすい受けにくい事があります。特に地方になると、しっかりケアしてくれる治療院や先生も少ないです。そこで私はどうにかそういった選手の力になれないかと考え、トレーナーがいなくてもセルフケアできる筋肉ほぐし器具『RSR』を造りました。 中・高校生でも沢山の距離を泳ぎ込み、若いとはいえ寝て起きて疲労回復するのにも限りがあり、そのまま疲労を蓄積させていくと筋肉が硬くなり・関節可動域が減り故障につながりますので、特に若い頃からのケアの習慣性は故障予防となり、しいては選手寿命が長くなりますので、早い時期から自分の身体と向き合い労りながら、良いコンディションで質の高い練習ができるようになると、ガッチリした広い土台が作れると思います。泳ぐのはコーチでなく自分。コース台に立ったら自分一人。自信を持って泳ぐのが楽しみな状態でコース台に立てるお手伝いができたら嬉しいです!

東京オリンピックも決まり、2年後のリオ、6年後の出場目指し頑張っているダイヤの原石の選手達を『故障』で磨く前に原石のまま終わってしまわない様にする為にも、ケアの習慣にRSRを活用していただけたらと思います! これからの冬場、来シーズンに向け各スイミング・学校、県・ブロックなど強化合宿が増えてくる時期です。そういった強化合宿などでRSRの使い方講習会の講師を承ります。動画でもわかりますが、講習会の方が選手・COACH共によりRSRの使い方・良さがわかって頂けるかと思います。

勿論、他の競技・スポーツ以外の団体でもご相談ください。
日程・条件等ありますのでホームページの『お問い合わせ』から是非ご連絡下さい!

リフレッシュ指圧センター
院長 小沢 邦彦

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">